【2018年版】杉並区のお花見スポット開花状況まとめ

井荻の街のWeb屋さんコラム

【2018年版】杉並区のお花見スポット開花状況まとめ
2018-03-28 | 杉並区と井荻の街情報 | 【2018年版】杉並区のお花見スポット開花状況まとめ
2018年3月17日に東京都で桜の開花宣言がなされました。満開までの所要日数は1週間~10日とされているので、開花宣言から8日後の3月24日(日)と9日後の25日(月)に杉並区内のお花見スポットを周って開花状況をチェックしてまいりました。お花見を予定されているみなさまのお役立ち情報となれば幸いです。

東京都杉並区のお花見スポット

今回紹介させていただくお花見スポットは以下の通り。メジャーなお花見スポットから住宅街にある穴場スポットまで、大小合わせて9つのお花見スポットです。

  1. 善福寺川緑地公園
  2. 和田堀公園
  3. 善福寺公園
  4. 高井戸駅周辺の神田川
  5. 蚕糸の森公園
  6. 井草森公園
  7. 妙正寺公園
  8. 馬橋公園
  9. 井草川遊歩道

善福寺川緑地公園

col-12sakura_2

善福寺川に沿って桜並木が続く杉並区一番のお花見スポット

杉並区を東西に走る善福寺川が大きく蛇行するエリアに設けられた善福寺川緑地公園。東京メトロ丸の内線「南阿佐ヶ谷」と京王井の頭線「浜田山」~「西永福」の間に広がる公園です。

川沿いに並ぶソメイヨシノが見事で、杉並区で最も混雑する花見スポットであることは間違いありません。それでも場所取り不要で座れる程度の混雑具合ですので、井の頭公園などの近隣の人気お花見スポットと比べると十分穴場スポットと言えるでしょう。

開花宣言から8日後の3月24日(日)に訪れたところ、陽当たりのいい北岸の桜並木が8分咲き、南岸が5分咲きといったところでした。満開を迎えるのは開花宣言から10日後~14日後になりそうです。2018年は3月31日(土)・4月1日(日)の週末でピークを迎えることになるでしょう。

col-12sakura_3

園内で最も混雑するのは五日市街道周辺。場所取りは不要ですが人通りが激しいです。

毎年4月1週目の週末には すぎなみ春らんまん祭 が公園内及び杉二小前広場で開催されています。2018年の開催は4月6日(金)~8日(日)。開花宣言が平年より9日早かった2018年は、桜が散り始めてからの開催となってしまいそうです。

アクセス 京王井の頭線「西永福」「浜田山」徒歩15分
関東バスJR中野駅~吉祥寺行「善福寺川緑地公園前」「五日市街道営業所」徒歩1分
すぎ丸バスけやき路線JR阿佐ヶ谷駅~京王井の頭線浜田山行「善福寺川緑地」徒歩1分
Google mapで開く
開園時間 常時開園
入場料 無料
駐車場 隣接する和田堀公園にあり
公衆トイレ あり
アルコール持ち込み 可能

和田堀公園

col-12sakura_4

善福寺川緑地公園から川沿いに下った場所に位置する和田堀公園。緑豊かでのどかな公園です。

和田堀公園は善福寺川緑地公園に隣接する公園で、善福寺川緑地公園から川沿いに東へ下った場所に位置しています。住宅街の中にある善福寺川緑地公園に対し、和田堀公園は緑豊かな森の中の公園といったイメージ。広大な芝生に加え、駐車場やBBQスペースもある立派な公園です。

善福寺川緑地公園と同じく開花宣言から8日後の3月24日(日)に訪れたところ、陽当たりのいい北岸の桜並木が8分咲き、南岸が5分咲きといったところでした。満開を迎えるのは開花宣言から10日後~14日後になりそうです。2018年は3月31日(土)・4月1日(日)の週末でピークを迎えることになるでしょう。

col-12sakura_5

川の両岸に設けられた芝生エリアが広く、善福寺川緑地公園と比べると混雑しないお花見スポットです。

公園に隣接する大宮八幡宮では2018年3月25日(日)~4月1日(日)まで 大宮八幡桜まつり が開催されています。ぜひお花見と合わせて大宮八幡宮散策も楽しんでみてください。

アクセス 京王井の頭線「西永福」徒歩15分
京王バス・関東バス京王井の頭線永福町~松ノ木住宅経由~JR高円寺行または東京メトロ丸の内線新高円寺M03行「都立和田堀公園」徒歩1分
Google mapで開く
開園時間 常時開園
入場料 無料
駐車場 有料駐車場あり
公衆トイレ あり
アルコール持ち込み 可能

善福寺公園

col-12sakura_6

ボートでお花見を楽しむことができるのが善福寺公園最大の魅力です

住宅街の中に位置する善福寺公園は、道路を挟んで南北に分かれた2つの池を有する公園です。北側の善福寺池にはレンタルボート店があり、ボートからお花見を楽しむことができるようになっています。池の周りには散歩道が設けられており、散歩をしながらお花見をしている方も多くみられました。

公園南側の下の池周辺には芝生エリアやベンチが充実しているので、座ってのんびりお花見を楽しむのなら公園南側がおススメです。北側・南側共通して児童用の遊具が充実しており、お子さんを連れてお花見をされている方が多い印象です。

col-12sakura_7

座ってのんびりお花見を楽しむなら、公園の南側河口付近がおススメです

開花宣言から8日後の3月24日(日)に訪れたところ、開花状況は5分咲きといったところでした。満開を迎えるのは開花宣言から12日後~16日後になりそうです。2018年は3月31日(土)・4月1日(日)の週末に見ごろを迎えそうです。

アクセス 関東バスJR荻窪~南善福寺行「善福寺公園前」徒歩1分
関東バス・西武バスJR西荻窪~西武新宿線上石神井行または大泉学園行「善福寺」徒歩5分
Google mapで開く
開園時間 常時開園
入場料 無料
駐車場 なし
公衆トイレ あり
アルコール持ち込み 可能

高井戸駅周辺の神田川

col-12sakura_8

川幅が狭く桜までの距離が近いので迫力が違います

京王井の頭線「高井戸」を降りてすぐ、神田川沿いに桜並木が広がっています。神田川は善福寺川よりも川幅が狭いので桜との距離が近く、上空に覆いかぶさるような桜並木を楽しむことができます。

開花宣言から8日後の3月24日(日)に訪れたところ、開花状況は8分咲き~満開といったところでした。開花宣言から8日後~12日後が一番の見ごろとなりそうです。2018年は3月31日(土)・4月1日(日)の週末にはもう散り始めていることでしょう。

col-12sakura_9

地元の方々は川沿いにシートを広げてお花見を楽しまれていました

基本的に桜並木を通り過ぎるタイプのお花見スポットですが、地元の方々は川沿いにシートを広げてお花見を楽しまれていました。シートを広げてのお花見をされる場合は、近隣住民の迷惑とならないよう気を配ってお花見を楽しむようにしてください。

アクセス 京王井の頭線「高井戸」徒歩1分
Google mapで開く
駐車場 なし
公衆トイレ あり

蚕糸の森公園

col-12sakura_10

斜面の芝生にシートを広げてのんびりお花見を楽しんでいる方が多くみられます

環七通りと東京メトロ丸の内線「東高円寺」に隣接するアクセス抜群のお花見スポット。桜の数は少ないですが、陽当たりのいい丘に芝生が広がっているので、斜面の芝生でのんびりお花見を楽しまれている方が多い公園です。

開花宣言から8日後の3月24日(日)に訪れたところ、開花状況は8分咲き~満開といったところでした。開花宣言から8日後~12日後が一番の見ごろとなりそうです。2018年は3月31日(土)・4月1日(日)の週末にはもう散り始めていることでしょう。

col-12sakura_11

隣接する杉並第十小学校のグラウンドが解放されているので、グラウンドで遊びながらお花見を楽しむことも可能です

隣接する杉並第十小学校のグラウンドが解放されているのもユニークなポイントで、グラウンドでサッカーや鬼ごっこをしながらお花見をしている子どもたちも多くみられました。子連れでのお花見にピッタリの公園です。

アクセス 東京都メトロ丸の内線「東高円寺」徒歩1分
Google mapで開く
開園時間 常時開園
入場料 無料
駐車場 なし
公衆トイレ あり
アルコール持ち込み 可能

井草森公園

col-12sakura_12

公園東側の入り口にかかる桜のアーチは圧巻です

井荻の閑静な住宅街に広がる広大な芝生が特徴的な公園。地元の人たちに人気の、ちょっとした穴場的お花見スポットです。公園内は芝生エリアと水遊びエリアに分かれており、子供連れの家族に大人気です。

特に芝生の広さは杉並区屈指で、芝生でのんびり過ごす為だけに訪れても十分に元が取れる公園です。園内には季節の花を楽しめる花壇が設けられているので、お花見の時期を逃しても楽しむことができるようになっています。

col-12sakura_13

広大な芝生が特徴的な公園で、ピクニック気分でのんびり過ごすことが可能です

開花宣言から9日後の3月25日(月)に訪れたところ、開花状況はまさに満開でした。開花宣言から8日後~12日後が一番の見ごろとなりそうです。2018年は3月31日(土)・4月1日(日)の週末にはもう散り始めていることでしょう。

アクセス 西武新宿線「井荻」徒歩6分
Google mapで開く
開園時間 常時開園
入場料 無料
駐車場 有料駐車場あり
公衆トイレ あり
アルコール持ち込み 可能

妙正寺公園

col-12sakura_14

遊具とアスレチックが豊富で、子どもたちに大人気の公園です

西武新宿線「井荻」~JR中央線「荻窪」間の閑静な住宅街に位置する妙正寺公園の特徴は、なんといっても豊富な遊具とアスレチック。平日午後と週末は常に地元のちびっ子たちで溢れかえっている、まさに子供の遊び場の王道といえる公園です。

開花宣言から9日後の3月25日(月)に訪れたところ、開花状況はまさに満開でした。開花宣言から8日後~12日後が一番の見ごろとなりそうです。2018年は3月31日(土)・4月1日(日)の週末にはもう散り始めていることでしょう。

col-12sakura_15

公園から流れ出る妙正寺川沿いには枝垂れ桜が並んでおり、ソメイヨシノの時期を逃してもお花見が楽しめます

また、公園から妙正寺川が流れ出るエリアに並ぶ枝垂れ桜も見どころの一つです。枝垂れ桜はソメイヨシノより開花時期が遅く、およそ1週間遅れで見ごろがやってきます。ソメイヨシノの見ごろを逃してしまった方は、ぜひ妙正寺川の枝垂れ桜を見にいってみてください。

アクセス 西武新宿線「井荻」徒歩15分
関東バスJR荻窪~西武新宿線井荻または西武新宿線下井草行「清水三丁目」徒歩5分
西武バスJR荻窪~西武新宿線石神井公園南口または南田中車庫または練馬高野台行「清水三丁目」徒歩5分
Google mapで開く
開園時間 常時開園
入場料 無料
駐車場 なし
公衆トイレ あり
アルコール持ち込み 可能

馬橋公園

col-12sakura_16

住宅街の中にあるこじんまりとした公園です

JR中央線「高円寺」北側の閑静な住宅街の中に広がる馬橋公園。綺麗に整備された水遊びスポットが人気の緑豊かな公園です。

人工芝のゲートボール場や散歩道沿いに桜が点在しており、園内をゆっくり散歩しながらお花見を楽しむことができるようになっています。

col-12sakura_17

水遊びスポットが充実しており、天気の良い日には子どもたちで溢れかえります

開花宣言から8日後の3月25日(月)に訪れたところ、開花状況は5分~7分咲きといったところでした。満開を迎えるのは開花宣言から12日後~16日後になりそうです。2018年は3月31日(土)・4月1日(日)の週末に見ごろを迎えそうです。

アクセス JR中央線「高円寺」徒歩8分
Google mapで開く
開園時間 常時開園
入場料 無料
駐車場 なし
公衆トイレ あり
アルコール持ち込み 可能

井草川遊歩道

col-12sakura_18

住宅街を縫うように走る遊歩道。随所に桜が植えられていて散歩道に彩りを添えています

西武新宿線「井荻」南側の住宅街から妙正寺公園へと続く散歩道です。道沿いに様々な季節の植物が植えられており、随所で花を咲かせている桜が歩行者を楽しませてくれます。

開花宣言から9日後の3月25日(月)に訪れたところ、開花状況はまさに満開でした。開花宣言から8日後~12日後が一番の見ごろとなりそうです。2018年は3月31日(土)・4月1日(日)の週末にはもう散り始めていることでしょう。

col-12sakura_19

今回周った中で、個人的に一番見事なお花見スポットだと思った中瀬児童遊園の桜

本コラム執筆のために杉並区各所のお花見スポットを見て周りましたが、その中で個人的にナンバーワンだと思うお花見スポットが、遊歩道沿いに位置する中瀬児童遊園です。桜の密度が高く、枝が地面近くまで広がっているので、まるで上空に桜のカーテンが広がっているような光景が見られます。住宅街のこじんまりとした公園であり、子供の遊び場でもありますので、気軽にお花見に訪れることができる公園ではないのですが、ここの桜は一見の価値ありです・・・!

アクセス 西武新宿線「井荻」徒歩1分
Google mapで開く
駐車場 井荻駅周辺に有料駐車場あり
公衆トイレ あり

ライター:石川晃司
カテゴリ:杉並区と井荻の街情報
公開日:2018年03月28日

Column categories

コラムのカテゴリ

Web制作や弊社事業に関するあれこれ。技術的・専門的な話からWeb制作会社の日常まで、様々なコラムを自由気ままに更新しています。

Our service

弊社事業のご案内

私たちは「あなただけのエピソード」が持つ魅力を引き出し、それをインターネットの力で新しいサービスや製品・Webサイトといった「カタチ」に変える杉並区井荻のWeb制作会社です。

Follow us

最新の情報をチェック

facebook / Instagram / Twitterから様々な情報を発信中。私たちのアカウントをフォローして、最新の情報をチェックしてみてください!

Instagram