コーポレートサイト管理代行はライターを雇うつもりで契約すべし

井荻の街のWeb屋さんコラム

コーポレートサイト管理代行はライターを雇うつもりで契約すべし
2018-07-30 | ライティング | コーポレートサイト管理代行はライターを雇うつもりで契約すべし
あなたのホームページ、どの程度の頻度で更新していますか?WordpressのようなCMSで構築したWebサイトでも、更新作業には意外と手間がかかるものです。管理代行業者にアウトソーシングを依頼している方も多いでしょう。ここでは、そんなWebサイト管理代行業者の選び方について気を付けるべき点を紹介しています。

ホームページの管理をアウトソーシングする目的は

コーポレートサイトの管理を外部に委託している、あるいはホームページの管理代行業者との契約を検討されている方にお聞きします。Webサイトの管理をアウトソーシングする理由は何ですか?

「Webサイトの専門知識を有するエンジニアを雇う規模じゃない」「業者にホームページをつくってもらったので、そのまま管理をお願いしている」「セキュリティ対策として専門家に依頼している」

事業上の様々な理由があることかと思いますが、ここでよく考えていただきたいポイントがあります。それは、ホームページを開設した目的です。あなたがホームページを開設した目的と、その管理をアウトソーシングする目的は一致していますか?

大多数のコーポレートサイトの場合、ページを開設した目的は「ユーザーに最新の情報を届けること」でしょう。メディア掲載が決まったり、新商品のプレスリリースを出したり、業務提携を発表したり・・・こうした「ユーザーに伝えたい情報」をきちんとユーザーに届けるために、ホームページの管理代行業者に動いてもらうのが理想的です。

ホームページ管理をアウトソーシングする理由は、ユーザーに届けたい最新の情報を伝えるため。自社にWeb担当がいないから、とりあえず安くやってくれる業者にアウトソーシング・・・では、ホームページがその目的を果たせなくなってしまいますよ!

あなたの事業を理解している人にライターになってもらおう

ホームページ管理代行業者は、テキストの修正対応・月間更新回数・更新反映までの納期・アクセス解析・セキュリティ対策などの項目を組み合わせて料金体系を設定しています。それを松竹梅の法則にならって3つの契約プランとして提示している業者がほとんどです。

ホームページの管理代行を依頼する場合、こうした管理代行業者のプランを比較し、予算や必要とする機能を考慮して契約することになります。しかし、管理代行を依頼する上で最も重要な「ユーザーに伝えたい情報を届けるための更新作業」についても考慮することを忘れてはなりません。

col-14outsource_2

料金やサポート体制は重要ですが、それはきちんとユーザーに情報を届けられる更新作業ができてこそ

多くのホームページ管理代行業者は、クライアントからの依頼・指示の通りにホームページを更新・修正します。つまり、ホームページ更新用の原稿はあなたが作成しないといけない、ということです。

「自社のホームページを更新するための原稿は自社で用意するのが当たり前じゃないか」と思いましたか?しかし、社内にWebライティングに精通した広報担当がいる場合は別として、自社でコーポレートサイトに載せる原稿を作成するのは大変な労力がかかるものです。

自社の事業についての最新情報を、ユーザーに分かりやすく魅力的に伝える。私たちは、この作業こそWebの世界に精通したライターにアウトソーシングすべきだと考えます。

ホームページに載せたい情報の要点を箇条書きにして業者に渡すだけで、ライターが記事を仕上げてホームページにアップしてくれる。誤字脱字の修正だけでなく、業界の事情に精通して記事構成の編集までやってくれる。必要に応じで取材にやってきて、現場の声を反映させた記事を書いてくれる。

ホームページの管理代行とは、こうあるべきだと思いませんか?

指示通りの更新作業を行う業者に完璧な指示を出せますか?

ホームページの管理代行として最も重要なスキルは、クライアントの事業を理解し、その魅力をユーザーに届ける「広報担当としてのライティングスキル」です。

修正依頼にタイムリーに応じてくれるカスタマーサポートや、ユーザーの行動を分析するアクセス解析も大事ですが、それも「ユーザーに届けたい情報をきちんと伝える」というベースがあってこそ。「コーポレートサイトの役割はユーザーに情報を届けること」という目的を忘れてはなりません。

col-14outsource_3

コーポレートサイトを開設した目的を思い出して、管理代行業者を選ぶことが大切です

クライアントの指示通りに更新作業をやってくれる業者と聞くと、安心して仕事を任せられるかもしれません。しかし、指示通りの作業をやってくれる業者に、完璧な指示を出すことはできますか?

もし業者に渡した原稿に誤りがあったとした場合、恐らくその業者は誤った内容の原稿を「指示通りに」ホームページに掲載してしまうでしょう。(そして誤りに気付いてからも修正を依頼する手間がかかってしまうことでしょう)

私たちは、そんな関係ではコーポレートサイトの管理をアウトソーシングなどできないと考えています。クライアントの事業を理解し、Webライティングのプロとして最適な形で広報をサポートする。「ユーザーに届けたい情報をきちんと伝える」というコーポレートサイトの役割を最大限に発揮させることが、ホームページの管理代行業者の役割なのです。

もしあなたがコーポレートサイトの管理代行を検討されているようでしたら、料金やサポート体制だけでなく「この業者をコーポレートサイト更新用のライターとして雇ったらどうなるか?」を考えてみてください。

ホームページの管理代行はライターを雇うつもりで契約すべし・・・です!

ライター:石川晃司
カテゴリ:ライティング
公開日:2018年07月30日

Column categories

コラムのカテゴリ

Web制作や弊社事業に関するあれこれ。技術的・専門的な話からWeb制作会社の日常まで、様々なコラムを自由気ままに更新しています。

Our service

弊社事業のご案内

私たちは「あなただけのエピソード」が持つ魅力を引き出し、それをインターネットの力で新しいサービスや製品・Webサイトといった「カタチ」に変える杉並区井荻のWeb制作会社です。

Follow us

最新の情報をチェック

facebook / Instagram / Twitterから様々な情報を発信中。私たちのアカウントをフォローして、最新の情報をチェックしてみてください!

Instagram